2007年03月18日

金属泥棒の頂点

今日は平日ではないですが、まぁたまにはね。

あの事件、けが人がなくて何よりでしたが、どうもお粗末な感じですな。

全日空機胴体着陸 ボルト付け間違いか 長さ異なる同規格品
http://megalodon.jp/?url=http://headlines.yahoo.co.jp/hl%3fa%3d20070316-00000030-san-soci&date=20070319224001


ボルト1本でこの危険性。恐るべしです。タイムボカンシリーズを思い出しますね。どれだったっけかな。ネジがぽろりといつも落ちるのは。

それがし、こういう話を聞くと思い出すことがあります。それがしは職業上、コピー機のお化けみたいなものを使っておるわけですが、ある時この機械が故障して、エンジニアさんを呼んだのです。彼はえっちらほっちら修理をし、そのフィニッシュで…アレ? 出力物がウィーンと出てくるところのフタが閉まらない。

いろいろやってみてるけど、どうもおさまりが悪い。

そのうちそばで見ている我々の中のひとりが気づきました。
「逆なんじゃないんですか?」
そう、フタを裏返しにはめていたのです。これじゃあ閉まらないはずです。

そのエンジニアさんは他にもいろいろと技術的にマズい点が露呈してどこか別のところにトバされてしまったそうです。少なくとも我々のいた事業所ではダメ出しがされたらしい。

技術で食べていくということはそういうことなのだとその時に改めて認識したハンサムミスターです。人の命がかかったボルトはちゃんとはめなきゃね。みなさんご機嫌いかがですか?

uzumaki_ss.gif     uzumaki_ss.gif     uzumaki_ss.gif


ルパーン三世みたいですが、暴力はいかんね暴力は。
もちろん強盗もいかん。

<金塊>展示の2億円相当を強奪、4人組逃走 岐阜・高山
http://megalodon.jp/?url=http://headlines.yahoo.co.jp/hl%3fa%3d20070318-00000021-mai-soci&date=20070319224648


巷では金属泥棒が流行って(?)いて、鉄とかアルミとか銅とかがそこここで大量に盗まれておるわけですが、ついにある意味金属の頂点である金にまで手が伸びたかと。

たしかに金の価値ってのはほぼ永遠ですが…どうやって現金化するんですかねぇ? 闇のルートがいろいろあるのかしら? イリーガルな世界を知らぬそれがしにはわからないことですけども。

100kgもあるものを盗むなんて、まぁひとりではできませんわな。それにしてもそれほど重くて「有名な」ものを盗むのは割が合わない気がしますねぇ。

こういった系統で日本最大、いや、世界最大の巨大金塊は土肥金山にあります。それがしがいった時に見たものよりもさらに大きな、250kgの巨大金塊があるようですね。今の世の中、まんがみたいなことがホントに起こるということがよくわかりましたから銭形警部みたいな人を配置して守った方がよいかもしれませんな。

全国の金塊持ちのみなさん、油断しないで下さいね。





posted by ハンサムミスター at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36489839

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。